「山鉾町と山鉾紹介」亀岡祭の山鉾は、全部で11基。周辺地図とともに、各山鉾の歴史、懸装品をご紹介します。

武内山鉾(紺屋町)

武内山鉾

神功皇后が宇佐宮で安産された応神天皇を、武内宿称が抱いた姿をご神体としてお祀りしています。

この山鉾の造営年代は、胴幕の箱銘から、安永6年(1777年)頃と考えられます。また、寛政11年(1799年)の記録によると、三ツ車との記載があることから、大津祭りの曳山のように三輪形式の時もあったようです。

山鉾を飾る懸装品のうち、文化4年(1807年)に百人講合力により新調された見送り幕は、中国清朝の皇族クラスが使用するような優品です。さらに、鉾の欄縁の箱銘には、"文政12年(1829年)新調、蟷螂山町"とあることから、祇園祭山鉾の旧材が用いられたことを知ることができます。

なお、昭和52年にいち早く「武内山囃子方保存会」を結成して、囃子の保存継承、技術の向上に努めています。

武内山鉾の懸装品

前懸
繻地雲龍図綴錦 享和3年(1803)京都西陣
見送り
雲龍宝散図繻珍錦 文化4年(1807) 中国明朝17世紀末作
胴懸
朝鮮毛綴「窓絵に対瓶図」「四花瓶図」安永6年(1777)朝鮮李朝18世紀の作
胴懸
朝鮮毛綴「窓絵に四蝶の図」「四対花瓶図」安永6年(1777)朝鮮李朝18世紀の作
後懸
朝鮮毛綴 安永6年(1777)朝鮮李朝18世紀の作
袖幕
朝鮮毛綴「五羽鶴図」安永6年(1777)朝鮮李朝18世紀の作
胴懸
朝鮮毛綴 安永6年(1777)朝鮮李朝18世紀の作
上水引
金地に漢詩文の綴織で亀岡の書家深海皆山の書 慶応3年(1867)作
平成2年まで。現在は亀岡文化資料館保存
上水引
唐花丸文様金襴 平成3年新調
二番水引
赤地四宝文様金襴 平成3年新調
雲龍宝散図繻珍錦雲龍宝散図繻珍錦
朝鮮毛綴胴懸朝鮮毛綴胴懸
ご神体 武内宿称ご神体 武内宿称

武内山鉾データ

武内山鉾
所在地
紺屋町
建造年
1777年ごろ
ご神体
応神天皇を武内宿称が抱いた姿
高さ
9.354m (屋根まで4.682m)
屋根幅
2.640m
見どころ
1807年新調の見送り幕

このページの先頭へ

交通アクセス

車でお越しの場合

  • 京都市・堀川五条より約50分
  • 大阪市内より約90分

電車でお越しの場合

  • JR京都駅より約20分
    (JR嵯峨野線で亀岡駅下車)

バスでお越しの場合

  • 阪急桂駅より約40分
    (京阪京都交通バス亀岡駅前下車)
  • JR京都駅より約60分
    (京阪京都交通バス亀岡駅前下車)
地図を見る

山鉾行事に関するお問合せ